2018年1月28日 (日)

干拓地で

近所の山では何も見かけなかったので、
 
以前、干拓地へ行った時の残りです。

A20i8503

A20i9018

A20i8969

2018年1月21日 (日)

シノリガモ

久しぶりに見たシノリガモと、遠くにいたホオジロガモ

A20i0664_2

A20i0797

A20i3451

2018年1月 8日 (月)

謎の鳥?

先日、干拓地の道路を走っていたら、
 
突然道路わきの歩道に何かが飛んできました。
 
コジュケイっぽい感じだったので、まあいいかと思い、
 
通り過ぎようとしましたが、あきらかに顔が違う。
 
ということで引き返して撮影しました。

A20i3604

見たことも聞いたこともない鳥だったので、

もしかしたらかなりのド珍鳥かと思いながら、何枚か撮影しました。

さて、名前を調べようと、自宅に帰って図鑑をめくってみましたが、載っていません。

「日本の野鳥650」に載っていないということは、野鳥ではない。

ということで、ペットの鳥を調べてみると、

コリンウズラという鳥でした。

コジュケイと同じように、狩猟用またはペットとして

輸入されたものが野生化して一部で定着しているらしいです。

残念ながら珍鳥発見というわけにはいきませんでしたが、

いちおう、今年出会ったライファーにはいれていいでしょうか?

2018年1月 7日 (日)

遅ればせながら

行こう、行こうと思いながら、つい先延ばしにしていた
 
ツルを見に遅ればせながら行ってきました。

P1630550

A20i5054_2

A20i5119_3

A20i5175_2

 

2018年1月 3日 (水)

ハイイロチュウヒ

久しぶりにハイイロチュウヒの塒入りの撮影に行ってきました。
 
現れたのはもう5時を過ぎていて、日が沈んだ後でした。
 
それから塒に入るまで、飛んでくれたのが12分間。
 
その間撮影した画像は約1200枚。
 
家に帰って「削除ボタン」を押したのが約1195回。
 
 

A20i2418

A20i3691

A20i2460

A20i4014

 

A20i2886

2018年1月 1日 (月)

明けましておめでとうございます。

 

A20i19314

たまに、写真を撮っている人のyoutubeを見たりして、撮影に役立つ話や

小道具のことなど参考にしていますが、その中でもジャンルは違うけど、

ポートレートをとっているプロの写真家の話で特に印象深かったのが、

「どう撮るかは自分次第。相手を撮っているようで、

写真は結局のところ、自分を撮っているんだ」

という内容の言葉でした。

 

野鳥っていうのは、どこに出てくるか、どういう仕草をするのか、どう飛ぶのか、

予想ができず、それをどう撮るかは自分次第で、

同じ場所で多くの人が撮っていても、まったく同じものはありません。

いい画像、いまいちな画像、という前に、一枚一枚個性があって、

それぞれに価値があり、思いがあるものなんだなあと、

その言葉を聞いて思いました。

「何を撮るか」ということ以上に、「どんな画像を撮りたいのか」、

そして、良くも悪くも、それは自分の撮った画像であり、

ほかの人には撮れない画像なんだと、

そういう気持ちでシャッターを押したいと思います。

 

今年もきっと、撮影に行ける機会も少ないとは思いますが、

どこかでお会いしたら、諸先輩方のいろんな話が聞けるのを楽しみにしています。

本年もよろしくお願いいたします。

 

2017年12月26日 (火)

オオワシ

今年もオオワシを撮りに行ってきました。

深夜に家を出てひたすら車を走らせますが、冬の夜明け前の山道は

他に走っている車もほとんどなく、道路わきには除雪された雪が積まれていて、

ヘッドライトに照らされるアスファルトの道はキラキラ光っています。

そんな道なので、いつもより運転姿勢も正しく、ハンドルやアクセル、

ブレーキの操作も慎重になります。

夜が明けるころ、現地に着きましたが、すでに2人の方がカメラを構えておられました。

「もう来てますよ」と教えてもらい双眼鏡でのぞいて見ると、いつもの枝に。

「まだ飛び出すなよ」と思いながら自分も急いで機材をセットしましたが、

余計な心配だったようで、それから数時間まったく動きがありません。

そのお二人も他県から来ている人で、いろいろ話しているうちに、

出身地の話になり、こっちの出身を言うと、撮影に来たことが

あるということで、もしかしたら、お会いしていたかもしれませんね、

などと話していました。

オオワシはあまりにも動きがないので、昼ごはんにしようと、

カップ麺用のお湯を沸かし始めた時に飛びました。

急いでカメラにしがみつき数枚撮りましたが、

お湯を沸かしっぱなしであることを思い出し、

慌ててガスを閉めて、改めて撮影。

A20i1873_3

  

今回はたまたま見える場所でハンティングをしてくれたのですが、

そういう大事な場面というのは、何度遭遇しても焦ってしまってうまく撮れません。

A20i9886_2

A20i9892_2

A20i9894_2

A20i9985

A20i1916

 

2017年12月25日 (月)

コミミズク

コミミズクは今までも撮ったことはありましたが、

なんせ暗い時間に出てきたので、ひどい画像ばかりで、

感度は高すぎるし、ピントはあっていないし、ssは遅すぎでブレブレでした。

今回撮影したのは16時30分だったので、薄暗くはなっていましたが、

iso1600で撮影することができました。

それなりに写っていたのは一枚だけでしたが、

自分としては過去最高の写りなので、うれしい一枚です。

A20i8607

A20i8600

A20i8656

2017年12月24日 (日)

オジロワシ

念願のオジロワシを撮ることができました。

わりあい近い距離も飛んでくれたのですが、

久しぶりのライファーに緊張して、歯を食いしばってひたすら連射を続けていました。

歯を食いしばるより、しっかり機材を抑えて撮るべきだったと、

自宅に帰って大量のブレの画像を削除しながら、反省しました。

A20i0494_2

A20i0408_2

A20i1535_2

 

A20i1651_2

 

自分も緊張していましたが、オジロワシが水面を飛ぶと、

周りのカモたちも一斉に飛び上がり、オオワシとは

違った緊張感を感じました。

A20i0209_2

 

 

2017年12月18日 (月)

ミヤコドリ

冬になると、出会えるのが楽しみな鳥がたくさんいますが、

自分としては、ミヤコドリはその上位に入ります。
 
なんといってもオレンジの嘴が目を引きます。
 
本当は岩礁にいるところが一番画になると思うのですが、
 
贅沢は言えません。

A20i9300

A20i9309

A20i9702

A20i9521

あとは、ミコアイサやホオジロガモとかも今年も撮影できるでしょうか?

«アカツクシガモ

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ