« 県北遠征記 6/5   最終回 | トップページ | オオルリ、キビタキ »

2012年8月27日 (月)

センダイムシクイ

日本中にいるらしいのですが、なぜ「仙台」と名前が付いたのだろうと、

なんとなく思っていました。


「仙台」ではなく「千代」らしいです。

歌舞伎か何かにも関係あるらしいのですが、どちらにしても、

鳴き声が「チーヨ」と聞こえることから、千代(せんだい)と名前がついたのだそうです。


センダイムシクイの鳴き声は「焼酎いっぱいぐいー」とも聞こえるらしいです。

名前をつけた人が歌舞伎好きではなく、呑んべいの人だったら、

「ショウチュウムシクイ」っていう名前になっていたかもしれないですね。

Img_4533

Img_4526

20120826img_4506

20120826img_4438

いつも木の上の方なので、なかなかまともに撮らせてもらえません。

« 県北遠征記 6/5   最終回 | トップページ | オオルリ、キビタキ »

センダイムシクイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563464/55514730

この記事へのトラックバック一覧です: センダイムシクイ:

« 県北遠征記 6/5   最終回 | トップページ | オオルリ、キビタキ »