« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

210円の幸せ

今年も毎週末山にでかけました。

たいていは当てもなくただ山に行くので、10回のうち9回は無駄足で、

しかも1回出会いがあったとしても、家に帰って画像を確認してみると

がっかりすることがほとんどでした。


それでも、静かな山の中で、鳥たちの声を聞きながらとる朝食は

何物にも代え難い、ささやかな幸せでした。

Dsc_0131_2

いつまでたってもつたないブログを見ていただいた皆さん、

そして、いつまでたっても初心者の自分にいろいろ教えていただいた皆さん、

今年も1年間大変お世話になりました。

良い年をお迎えください。

2014年12月23日 (火)

安物買い

動画撮影では、SSを低く抑えないとなめらかな動画にならないと聞いたので、

できるだけ60~100程度にしようと思うのですが、明るい時間帯には

どうしてもそれを超え、ちょっと油断すると1000とか2000くらいになってしまいます。


それで、以前からNDフィルターというものを使ってみたいと思っていたのですが、

どれくらい暗いものを買えばいいのかと全然わかりません。

それで、暇なときにネットで時々NDフィルターというやつを調べていたら

可変NDフィルターというものがあり、しかも安いものは2000~3000円からあります。


しかし、私が動画撮影で使っているtamron150-600はフィルターサイズが

95mmもあり、そのサイズの格安フィルターは見あたりません。


それでいったんはあきらめたのですが、

フィルターをいろいろ物色していて思ったのが、フィルターサイズを小さいサイズから

大きいサイズに変えるステップアップリングというものがあるのなら、

もしかしたらステップダウンリングみたいなものは無いのだろうかと思いつき

探してみたら、あっさりありました。しかも1000円。


これは買うしかないです。

どうせカメラはマイクロフォーサーズなので、フィルターが小さくなっても

大して影響ないだろうという素人発想で、95mm-77mmのリングを買いました。

そしてもちろん、77mmの3000円台のNDフィルターも。


こんな感じです

Dsc_0192

なかなかいいではないですか。


ちょうどモズがちょろちょろしていたので、テスト撮影です。

と、思ったら、ピントが合いません。

っていうか、もやもやの画像でピントの山さえつかめません。


そうですよね。

格安のフィルターでシャープさを損ねずに光量を落とすなんてできるわけないですよね。

結果的には値段相応で当たり前なのですが、つい、勝手な期待を抱いてしまいました。

まさしく「安物買いの…」ってやつですね。


ちなみに、フィルター無しだとこんな感じです

P13805352

GH4  tamron150-600   f11 ss125  600mm

マイクロフォーサーズで600mmなので、いわゆる1200mm相当っていうやつなので、

まあ、こんなものかなと思います。


ちなみに、ほぼ同じ距離でフルサイズカメラだと、これくらいの大きさです。

A72w9993

1DX  tamron150-600 f6.3 ss1600 600mm


さて、では例の格安NDフィルターだと

P13805262

何か使い方を間違っているのでしょうか?


参考のために、たまたま持っていた77mmのPLフィルターをつけてみたところ

P13805432

これはたしか、いちおうフィルターメーカーのそれなりに値段もしたものです。

やっぱり値段相応ですかね。

2014年12月18日 (木)

A72w8848_3


A72w8970

A72w8996

A72w9093

A72w9138





2014年12月14日 (日)

いつもの山で

食いしん坊のウソ。口の周りにはいつも食べかすがついているような印象です。

A72w2622



A72w2556

ベニマシコ
A72w2675

ルリビタキ

A72w2665



2014年12月13日 (土)

 

A72w2323

A72w2248

A72w2278


2014年12月 6日 (土)

ルリビタキなど

A72w1364

今年はたくさん見かけるベニマシコ

A72w1978

今シーズンまだウソの雄に出会っていません。

A72w2174

アオジ

A72w0734

A72w1145

ちょっと前に見かけたノスリ

A72w5938

A72w1674

A72w1273

A72w1285

ジョウビタキとホオジロ

A72w1558









« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »