« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月30日 (金)

2016 在庫より

干潟の鳥
 
A20i3485
 
A20i3634
 
A20i3536
 
A20i3657
 
A20i3697
 
A20i3768

2016年12月29日 (木)

2016 在庫より

干拓地の鳥
 
A20i3412
 
A20i3455
 
A20i2914
 
A20i3437

2016年12月28日 (水)

2016 在庫より

海辺の鳥
 
A20i1565_2
 
A20i1778_3
 
A20i2304
 

2016年12月27日 (火)

2016年 在庫より

野山の鳥
 
A20i0648
 
A20i1427
 
A20i1429
 
A20i1448
 
A20i2318
 
A20i1450
 
A20i1454

2016年12月26日 (月)

カツオドリ2

カツオドリの飛込シーンです。
 
A20i3199
A20i3200
A20i3201
A20i3202
A20i3203
A20i3204
A20i3205
A20i3207
A20i3208
A20i3211
A20i3218
A20i3219
A20i3221
A20i3222
A20i3229
 
 

2016年12月25日 (日)

カツオドリ

日本にもカツオドリがいるということは聞いたことがありましたが、
 
どうせ、フェリーや高速船で行く離島なんだろうと思っていました。
 
簡単には行けないと思いながらも、あのシャープな飛び姿を
 
ネット上の画像で眺めていたら、その場所は
 
なんと普通に車で行けるところではありませんか。
 
これはもう行くしかないということで、連休を待って遠征してきました。
 
夜明け頃に着き、とりあえず双眼鏡を手に、海岸線を歩いていると、
 
いきなり高速で飛んでいる鳥が目に入りました。
 
急いでカメラを準備したころには、もういなくなっていましたが、
 
しばらく待っていると、またやってきました。
 
数分間、そのあたりを飛んでくれましたが、
 
飛ぶのも早いし、いきなり向きを変えて水に飛び込んだりするので、
 
なかなか思うようには撮れません。
 
A20i2939
 
A20i2950
 
A20i3008
 
A20i3056
 
A20i3066_2
 
A20i2948
 
もう一度やってくるかと、しばらく待っていましたが、
 
その場所は、8時過ぎ頃から工事が始まってしまい、
 
そのせいか、周りにいた鵜たちも飛び去ってしまい、
 
カツオドリも、もう姿を見せませんでした。
 
 
 

2016年12月18日 (日)

オオワシ

この時期になると、やっぱり行ってみたくなります。
 
しかし、毎年同じ枝にとまっているので、
 
去年とまったく同じ画です。
 
A20i2497_2
 
現地に着いたのが遅く、
 
狙えるのは、ねぐらへ帰る時だけになったので、
 
今年は飛び出しは狙わず、帰る方に回って待ちかまえましたが、
 
A20i2590
 
A20i2721
 
A20i2775
 
やっぱり例年通りに、いまひとつでした。
 

2016年12月11日 (日)

クロサギ

岩場でじっとしていると、なかなか見つけにくいです。
 
A20i1963
 
A20i1970
 
A20i1980
 
A20i1986
 
A20i1926
 
まるで忍者です。もしかして、ミヤコドリたちも気づいていない?(笑)
 

2016年12月10日 (土)

ミヤコドリ

冬の楽しみの一つはやはり冬の鳥との出会いですが、
 
このミヤコドリも、冬になると会いに行きたくなる鳥です。
 
A20i2021
 
A20i2116
 
A20i2153
 
A20i2167
 
A20i2236
 
A20i2253

2016年12月 4日 (日)

ホオジロガモ

とても愛嬌があって、見ていて飽きません。
 
かなり遠距離でしたが、今年も出会うことができ、ラッキーでした。
 
A20i1761
 
A20i1735

2016年12月 3日 (土)

遅ればせながら

アカツクシガモを撮りに行ってきました。
 
 
A20i0667
 
A20i0701
 
A20i0712
 
A20i0773
 
A20i0787
 
A20i0827
 

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »