キツツキ

2013年1月31日 (木)

オオアカゲラ

そうえいば、オオアカゲラに出会うのは久しぶりです。

A72w1512

葉の落ちた枝が冬っぽいとは思うのですが、

ほんとは雪絡みの画像を撮ってみたいです。


今のところこれくらいが精一杯です。

A72w1711_mini


雪と言えば、いつもは目立つのが嫌で迷彩の布をかぶせている白いレンズも、

雪の中ではそれほど目立ちません。

Sdsc_0115_2

2012年12月 4日 (火)

アカゲラ

Img_8480

Img_8473


2012年8月20日 (月)

県北遠征記 2/5

アオゲラ

このアオゲラは、なかなかサービス精神が旺盛で

姿がはっきり見える状態でも逃げずに愛想よくしてくれました。

地元の無愛想なアオゲラに爪の垢でも煎じて飲ませたいくらいです。

Photo_41

Photo_44

Photo_43


Photo_42

親子でしょうか?
Photo_45


若鳥みたいですね。

Photo_46


続く

2012年8月12日 (日)

大雨のあと

自分がいつも鳥を探しに行く山の林道は

ちょっと大雨とか降ると、倒木ですぐに通れなくなってしまいます。

今日も先日の雨のせいか、倒木のため先に進めなくなってしまいました。

20120812img_1564

引き返して、山をぐるっと回れば予定した場所に行けるのですが、

これは、きっと神様がここで止まれと言ってくれているんだと思い、

通行できないことをいいことに、道路の真ん中に車を停め、

三脚を立ててみました。

やっぱり、神のお告げだったようで、

オオアカゲラとオオルリの幼鳥に出会うことができました。

20120812img_3356

20120812img_3406


20120812img_3423

2012年3月11日 (日)

オオアカゲラ?アカゲラ?

アカゲラとオオアカゲラって、外見もそっくりだし、
山で見かけても、区別できないし、
特に区別をする必要も無いと思っていました。

例えば、鳥居と大鳥居みたいに、どこから「オオ」が付くのかは
素人にははっきりわからないのだろうと、勝手にあきらめてました。

でも、今日それらしい鳥が、たまたまギリギリ見える場所に止まってくれて
これは、「オオ」が付くのだろうかと、何だか気になって
家に帰って調べてみました。

違う種類なんですね。(゚0゚)
しかも、世の中、たいがいは、「オオサンショウウオ」とか、「オオクワガタ」とか、
それこそ「大鳥居」みたいに
「オオ」が付いた方がありがたいのに、
「オオ」が付かない方が珍しいらしい。

色々勉強になりました。

と、いうことで、オオアカゲラです。

201203112012_03_11_004

201203112012_03_11_005

201203112012_03_11_031

 

 

2012年2月26日 (日)

空抜けですが

自分の中で勝手に予想していた鳥には相変わらず出会えませんが、
予想していた地面に近い低い枝とは逆に、上の方の枝の鳥に出会えました。

全部空抜けですが、初撮りなもんで、

201202262012_02_26_027_2
カケス。初撮り。

 

201202262012_02_26_040
オオアカゲラ。初撮り。

201202262012_02_26_076

アオゲラ。初撮り。

この3種、見かけたことはありますが、全然撮れません。

できればあと1~2年くらいでもう少しまともなのが撮りたいものです。