ムギマキ

2016年11月 5日 (土)

2年ぶり

小さくて、なかなかじっとしていない
 
手ごわい相手で、相変わらず
 
まともには撮らせてくれませんが、
 
出会えるとうれしくなります。
 
A20i0030
 
A20i0036
 
A20i0060
 
A20i0105
 
A20i9962

2014年10月26日 (日)

ムギマキ遠征

以前、ムギマキが見られる山というのをネットで見たことがあったので、

今回行ってみようと思いました。


自宅から片道300kmあるので、夜中の2時に家を出て、

それでも山の麓についたのは6時過ぎていました。

この山は車であがれないので、麓の駐車場に止めてそこから

リュックを担いで歩いて登らなければなりません。

グーグルストリートで駐車場を調べ、山の登り口まで下見をしていたので、

そこまではすんなり行けたのですが、山の登り口で道が分かれていて

どっちに行ったらいいのかわかりません。


ネットにはこの山にムギマキが通過するとは書いてありましたが、

どのあたりにいるのかとか詳しいことは書いてなかったので、

どっちに向かったらいいものか、入口の案内図を見ながら悩んでいると、

たまたま通りかかったオジサンが声をかけてくれて、

「大きなレンズをつけて人がさっき向こうへ上がっていったよ」

と親切にも教えてくれたので、お礼を言ってその方向へ上がってみました。


きょろきょろしながら山の上の方まで歩いてみましたが、

もちろんムギマキがそう簡単に見つかるわけもなく、

どうしたものか悩んでいると、レンズを構えている人がいたので

挨拶をすると、その人が、

「先週はこの辺で出たので、ここで待ってみるといいですよ」

と親切にも誘ってくれました。


機材をセットして待っていると、一瞬ちらっとムギマキの姿が

見えましたが、その後はキビタキやオオルリ若は現れましたが、

ムギマキは出てこず、お昼を過ぎてしまいました。

持ってきたパンも食べてしまったし、あきらめて帰ろうかと思った頃、

上から降りてきた人が、

「もうすこし上の方に出てますよ」と教えてくれました。


教えてもらったポイントに移動してみると、何度かムギマキが

出てくるではなりませんか。

動きが速く、自分の腕では思うようにはなかなか行きませんでしたが、

なんとか証拠写真を撮ることができました。

午後3時も過ぎ、まだ未練はありましたが、帰り道のことを考え

山を後にしました。


けっきょく家に帰ったのは夜の8時近くになっていました。

全行程18時間でしたが、山にいたのは9時間くらいで、

移動時間も往復9時間。けっこうな冒険になりました。

A72w0148

A72w0290

A72w0312

A72w0146

撮れたのはこんな感じですが、地元の人たちにとても親切にしてもらって、なかなか楽しい一日で、

距離はあるけど、 何年かしたらまた行ってみたいと思えるような山でした。

2012年3月20日 (火)

ムギマキ

先輩に、ムギマキって言うかわいい鳥がいるから行ってみんさいと
情報をもらい、探しに行ってみました。

雄の若らしきムギマキが出迎えてくれました。

201203182012_03_18_021

201203192012_03_19_027

201203192012_03_19_033

201203192012_03_19_040

201203202012_03_20_004

201203202012_03_20_002

もちろん、初めて見ました。

とってもかわいい鳥でした。

皆さんいつもありがとうございます。